シムノート

PHPフレームワークSymfonyの学習帳

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メニュー



このエントリーをはてなブックマークに追加

blog:2015-12-05:データベースの設定

データベースの設定

MySQLの例

...
# Doctrine Configuration
doctrine:
    dbal:
        driver:   pdo_mysql
        path:     "%database_path%"
        host:     "%database_host%"
        port:     "%database_port%"
        dbname:   "%database_name%"
        user:     "%database_user%"
        password: "%database_password%"
        charset:  UTF8
        # XAMPやMAMPを使っている時に追加する
        unix_socket: "%database_unix_socket%"
...

parameters:
    database_host:     127.0.0.1
    database_port:     ~
    database_name:     symfony
    database_user:     root
    database_password: ~
    # XAMPやMAMPを使っている時に追加する
    database_unix_socket: ~
    ...

parameters:
    database_host: 127.0.0.1
    database_port: null
    database_name: your_database_name
    database_user: your_database_user
    database_password: your_database_password
    # XAMPやMAMPを使っている時に追加する
    database_unix_socket: /path/to/mysql.sock
    ....

SQLiteの例

...
# Doctrine Configuration
doctrine:
    dbal:
        # pdo_sqliteに変更します
        driver:   pdo_sqlite
        # 追加します
        path:     "%database_path%"
...

parameters:
    ...
    # You should uncomment this if you want use pdo_sqlite
    # コメントアウトしてパスを変更します
    database_path: "%kernel.root_dir%/../var/data.db3"
    ...

parameters:
    # 追加します
    database_path: "%kernel.root_dir%/../var/data.db3"
    ....

設定ファイルが3つもあるのは何故?

基本的に設定値はconfig.ymlに記述します。 他の人の開発環境や本番環境などの配布先毎に値を変更したい場合は、config.yml内でパラメータを参照するように記述し、parameters.ymlにパラメータと値を記述します。

parameters.ymlはパスワードなどの公開したくない情報を含む場合がある為、アプリケーションと一緒には配布しません。 その代わり、parametrs.yml.distにデフォルト値を設定してアプリケーションと共に配布します。配布先ではparameters.yml.distをベースとしてparameters.ymlを作成します。

git等のバージョン管理システムを使っている場合、config.ymlparameters.yml.distはコミット対象ですがparameters.ymlはコミット対象外となります。


Comments



186 -13 = ?
blog/2015-12-05/データベースの設定.txt · 最終更新: 2015/12/10 23:09 by tsubo