シムノート

PHPフレームワークSymfonyの学習帳

ユーザ用ツール

サイト用ツール


blog:2016-01-01:doctrine入門_number_of_bugs

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
blog:2016-01-01:doctrine入門_number_of_bugs [2016/01/20 06:58]
tsubo
blog:2016-01-01:doctrine入門_number_of_bugs [2016/01/20 06:58] (現在)
tsubo
ライン 1: ライン 1:
-# Doctrine入門 : (7) Bug の数+# Doctrine入門 : (7) バグの数
  
 今までの所、DBからのデータの取得はエンティティオブジェクトか配列でしか行っていません。DoctrineはDQLを使って、ただの値の取得もサポートしています。これらの値は「スカラー値」(scalar result values)と呼ばれていています。`COUNT`や`SUM`,​ `MIN`, `MAX`, `AVG`関数等の結果もスカラーとして扱います。 今までの所、DBからのデータの取得はエンティティオブジェクトか配列でしか行っていません。DoctrineはDQLを使って、ただの値の取得もサポートしています。これらの値は「スカラー値」(scalar result values)と呼ばれていています。`COUNT`や`SUM`,​ `MIN`, `MAX`, `AVG`関数等の結果もスカラーとして扱います。
blog/2016-01-01/doctrine入門_number_of_bugs.txt · 最終更新: 2016/01/20 06:58 by tsubo